エネスコとメニューインの共演した2つのヴァイオリンのための協奏曲は超愛聴盤です。初めてバッハのヴァイオリン協奏曲がこの演奏を収録したCDで、熱狂して何度も繰り返し聞いたせいか、この曲は音色がこの音でないとなんだかソワソワしてしまいます。

耳がタコになる程聞き込んだ演奏の原盤が、仏HMV盤で手に入ったので、起こしてみました。
モントゥー指揮のオケがCDじゃ何やってるかわかりませんでしたが、SP盤だとちゃんと聞こえます。これでますます好きになれます(^ ^)

Artists Pierre Monteux (conductor)
Yehudi Menuhin (Violin)
Georges Enesco (Violin)
Orchestre symphonique de Paris
Comporser Johann Sebastian Bach
Title Concerto for 2 Violins in D minor, BWV 1043
Label HMV (FR)
Catalog / Matrix DB 1718 [ 32-2968 2L370 II, 32-2969 2L371 II ]
DB 1719 [ 32-2970 2L372 II, 32-2971 2L373 I ]
Recording 4 June, 1932

 

おまけでネットで公開されていた音源の紹介を。以前Youtubeで見つけ衝撃的を受けたオイストラフとの共演で同曲の演奏ですが、エネスコのテンポはヴァイオリンをよく響き鳴らして聴かせるような落ち着いたもので、メニューインとのHMV録音と似たテンポで一貫した世界観を感じさせます。

Youtubeから音源を抜き出し、ピッチを440Hzに合わせEQで調整してみました。
1932年のHMV盤がA=440Hz、ロシアのこのオケも1940年代末はA=440Hzでしたので、多分A=440Hzでテンポ的にもピッチ的にもあってると思います。

ソースはDaniel Kurganov氏の動画より
https://www.youtube.com/watch?v=vM4xsdFxsC8
https://www.youtube.com/watch?v=ft1wXZyD-Vo

コメント
This very rare live broadcast from Romania in 1946, when David Oistrakh visited and joined George Enescu in the Bach concerto for two violins. Thanks to Cheniston Roland

 

メニューインとは第一楽章のみのライブ音源も存在するようです。
Youtubeに公開されていましたが残念ながら現在削除されているようです。

元ソースはE P氏の動画より
https://www.youtube.com/watch?v=0-6VUOZOJiI

コメント
Johann Sebastian BACH: Double Concerto in D minor, BWV 1043
0:20 / I. Vivace
Yehudi Menuhin & George Enescu, violins
New York Philharmonic Symphony Orchestra
George Enescu, conductor
(AUDIO | live, New York, 24 January 1937)
source: WABC broadcast, Feb.1937 | Cheniston K. Roland archive
restoring/remaster: Emilio Pessina, 2015

George Enescu | Legacy : https://www.youtube.com/playlist?list=PLclTjB7LFV7MHifzCUueyO0U67B3Husad

© COPYRIGHT Disclaimer, Under Section 107 of the Copyright Act 1976. Allowance is made for “fair use” for purposes such as criticism, comment, news reporting, teaching, scholarship, and research. Fair use is a use permitted by copyright statute that might otherwise be infringing. Non-profit, educational or personal use tips the balance in favor of fair use.

日本国内ではパブリックドメインですが、非公開になった理由が不明なので音源の転載は見合わせておきます。いつか正規でリリースされることを祈ってます。
上記三種の演奏では、エネスコは第二バイオリンを弾いていました。