続・戦中マグネトフォン録音のレコード

戦中マグネトフォン録音のレコード の続きです。

マグネットフォン録音でロシアからリリースされたものをカタログ番号順に並べてみました。
VSG、アプレレフカ、レニングラード、リガ、タシュケントの工場からリリースされているレコードは、共通のスタンパーを使用しています。
VSGのみでしかリリースされていないスタンパーはないようなので、理屈上どの工場のプレスであっても同じ音で聞けます。
ただし、世代が変わるごとにスタンパーをカッティングし直しているレコードもあり、その場合別の音になります。メロディア系の場合、マトリクス番号末尾で判断できました。

集める時に混乱したので切り替えポイントをチェックしてみました。全部網羅しているわけではありませんが、初期スタンパーの番号は合ってると思います。
注意点ですが、ガスト番号とスタンパーは同時期に切り替わるわけでは無く、例えばガスト68でもスタンパーが複数世代ある場合があります。セラーに確認できるならしておいた方が良いでしょう。

「33Д09884/ 2-1」で例えると、前半部分はカタログ番号、末尾の黒字がスタンパー整理番号で、スタンパーが変われば末尾の番号が変わります。これらのマトリクス番号は盤面余白に刻印されています。

赤字が手持ちの盤。

2018/12/08更新


‎ Д05800 / ‎ Д05801 (1959)

Beethoven – Symphony No.5 in C Minor, Op.67

Wilhelm Furtwangler
Berlin Philharmonic Orchestra
27-30 June, 1943

ГОСТ 5289-56 灯台(アプレレフカ、青) Д05800/1-1 / Д05801/1-1
ГОСТ 5289-56 聖火(アプレレフカ、青) Д05800/1-1 / Д05801/1-1
ГОСТ 5289-56 大33 (レニングラード、青) Д05800/1-1 / Д05801/1-1
ГОСТ 5289-56 АккорД(レニングラード) Д05800/1-1 / Д05801/1-1
ГОСТ 5289-56 Līgo(リガ、青赤白) Д05800/1-1 / Д05801/1-1
ГОСТ 5289-68 Melodiya(アプレレフカ、ピンク) Д05800/1-1 / Д05801/1-1
ГОСТ 5289-68 Melodiya(アプレレフカ、ピンク) 33НД05800/2-1/ 33НД05801/2-1
ГОСТ 5289-73 Melodiya(レニングラード、白) 33НД05800/2-1 / 33НД05801/4-3

ガスト68の前半までは同じスタンパーを使っていたようです。ガスト68の後半からスタンパーが変わり、マトリクスのクレジットもД→33НДに変更になった模様。Нは再発盤につけられているそうです。
Д05800/1-1 / Д05801/1-1のスタンパーはEQカーブに癖がありました。

ガスト56・Аккорд盤を€45で購入。盤質VG表示にもかかわらず盤質が素晴らしいです。嬉しい誤算。


Д6023 / Д6024 (1960)

Schumann – Kreisleriana, Op.16

Walter Gieseking
1942

ГОСТ 5289-56 聖火(アプレレフカ、青) Д6023/1-1 / Д6024/1-1

ギーゼキングのシューマン。URANIAからリリースされ裁判になった音源と同じだと思います。後にシューマンの協奏曲とカップリングでもリリースされてます。

ガスト56・聖火盤を€10で入手。ジャケットはMelodiya時代のもの。


Д06429 / Д06430 (1960)

Brahms – Symphony No. 3 in F major, Op.90

Hans Knappertsbusch
Berlin Philharmonic Orchestra
1944

ГОСТ 5289-56 ???
ГОСТ 5289-61 Melodiya(アプレレフカ、紺) Д06429/2-1 / Д06430/2-2
ГОСТ 5289-68 Melodiya(レニングラード、黄) Д06429/2-1 / Д06430/2-2
ГОСТ 5289-73 Melodiya(レニングラード、黄) Д06429/2-1 / Д06430/ 4-5

後にブラームス3番とブルックナー4番での二枚セットに切り替わりました。

ガスト56のマトリクス番号を確かめたい+演奏聞いてみたいけど、高くて手が出せない(^^;ガスト56世代はあとこれだけです。


Д6445 / Д6446 / Д6447 (1960)

R.Strauss – Sinfonia Domestica

Richard Strauss
Vienna Philharmonic Orchestra
11 June, 1944

ГОСТ 5289-56 聖火(アプレレフカ、青) Д6445/1-1 / Д6446/1-1 / Д6447/1-1

80歳の生誕記念コンサートでのライブ録音。VOXでリリースされていた音源と同じで、返還テープからと思われる同日別曲のレコードが存在するので、ロシアでもまとめて出してほしかった。

カップリング(Д6448)はR.シュトラウス作曲のホルン協奏曲第1番で演奏はAlexander Gauk指揮、All-Union Radio Symphony Orchestra。こちらも名演です。

ガスト56・聖火盤を€20で入手。ジャケットはMelodiya時代のものでした。


33Д07907 / 33Д07908 / 33Д07909 / 33Д07910 (1960)

Hydon – Die Schopfung

Clemens Krauss
Trude Eipperle
Julius Patzak
Georg Hann
Vienna Philharmonic Orchestra
28 March, 1943

ГОСТ 5289-56 Līgo(リガ、青赤白) Д07907/2-1 / Д07908/2-2 / Д07909/2-2 / Д07910/2-5
ГОСТ 5289-80 Melodiya(レニングラード)
Д07907/ 1-2/ Д07908/ 1-2/ Д07909/ 3-3/ Д07910/ 1-8

1950年代にドイツでもリリースされていたそうです。33Д07910のみ録音レベルが低いのは元テープに由来するのでしょうか?

ガスト56・Līgo盤を€15で入手。


33Д09083 / 33Д09084 (1961)

Beethoven – Symphony No.4 in B-flat major, Op.60

Wilhelm Furtwangler
Berlin Philharmonic Orchestra
27-30 June, 1943

ГОСТ 5289-56 聖火(アプレレフカ、水色) 33Д09083/2-1 / 33Д09084/2-1
ГОСТ 5289-56 АккорД(レニングラード) 33Д09083/2-1 / 33Д09084/2-1
ГОСТ 5289-56 聖火(アプレレフカ、ピンク) 33Д09083/2-1 / 33Д09084/2-1
ГОСТ 5289-61 聖火(アプレレフカ、白) 33Д09083/2- 2/ 33Д09084/2-1
ГОСТ 5289-61 Melodiya(レニングラード、黄) 33Д09083/2-2 / 33Д09084/2-1
ГОСТ 5289-68 Melodiya(レニングラード、黄) 33Д09083/2-2 / 33Д09084/2-1
ГОСТ 5289-73 Melodiya(レニングラード、黄) 33Д09083/ 1-3/ 33Д09084/ 1-2

VOXでもリリースされていました。時期によってライブとスタジオ録音が混ざっているややこしい盤。ガスト61なら買う前にマトリスク番号の確認取っておいた方がいいかも。

ガスト56・Аккорд盤を€45で入手。


33Д09867 / 33Д09868 (1961)

Brahms – Symphony No.4 in E minor, Op.98 / Beethoven – Coriolan Overture, Op.62(*)

Wilhelm Furtwangler
Berlin Philharmonic Orchestra
1943 / 27-30 June, 1943(*)

ГОСТ 5289-56 АккорД(レニングラード) 33Д09867/1-1 / 33Д09868/1-1
ГОСТ 5289-61 Melodiya(アプレレフカ、ピンク) 33Д09867/1-1 / 33Д09868/1-1
ГОСТ 5289-68 Melodiya(レニングラード、黄) 33Д09867/1-1 / 33Д09868/1-1
ГОСТ 5289-73 Melodiya(レニングラード、白) 33Д09867/1-1 / 33Д09868/1-1

ピッチが高く、途中ノイズが入ってくるという難しい盤。ガスト56とガスト73はマトリクスが変わってませんでした。フォント・文字のずれた個所も一致しています。ということでスタンパーが同じ、実際聞いて音も同じです。

ガスト56・Аккорд盤を€89で入手、ガスト73は€8。本当に同じ音かなんて聞かなきゃわからないですから仕方ない(^^;


33Д09883 / 33Д09884 (1961)

Brahms – Brahms: Piano Concerto No.2 in B-Flat Major, Op.83

Wilhelm Furtwangler
Edwin Fischer
Berlin Philharmonic Orchestra
8-9 November, 1942

ГОСТ 5289-56 АккорД(レニングラード) 33Д09883/2-1 / 33Д09884/2-1
ГОСТ 5289-61 Melodiya(レニングラード、黄) 33Д09883/2-1 / 33Д09884/2-2
ГОСТ 5289-80 Melodiya(レニングラード、黄) 33Д09883/2-1 / 33Д09884/2-4

手持ち以外は詳細がよくわかってません。後半の面が変わっているんでしょうか?

ガスト56・Аккорд盤を€55で入手。


33Д010033 / 33Д010034 (1961)

Schubert – Symphony No.9 in C Major, D.944

Wilhelm Furtwangler
Berlin Philharmonic Orchestra
6-8 December, 1942

ГОСТ 5289-56 聖火(アプレレフカ、水色) 33Д010033/1-1 / 33Д010034/1-1
ГОСТ 5289-56 Аккорд(レニングラード) 33Д010033/1-1 / 33Д010034/1-1
ГОСТ 5289-61 Melodiya(アプレレフカ、紺) 33Д010033/1-1 / 33Д010034/1-1
ГОСТ 5289-68 Melodiya(レニングラード、黄) 33Д010033/1-1 / 33Д010034/1-1
ГОСТ 5289-80 Melodiya(アプレレフカ) 33Д010033/ 1-2/ 33Д010034/ 4-2/

収録時間の都合上、第二楽章がブツ切れになっちゃってます。カッティングのタイミングはTurnabout盤の方が気持ち長目に入っていた気がします。裁判がなければUraniaからリリースされていたかも。

ガスト68・Melodiya盤を€35で入手。初期盤とマトリクスは同じなので、これでいいかと思いつつ、ガスト56を狙ってますがお値段がちょっと。


33Д10165 / 33Д10166 (1961)

Beethoven – Piano Sonata No.14,No.27(*)

Walter Gieseking
1944,1943(*)

ГОСТ 5289-61 Melodija(リガ、青紫黒) 33Д10165/2-2 / 33Д10166/2-2
ГОСТ 5289-61 Melodiya(レニングラード、黄) 33Д10165/2-3 / 33Д10166/2-2
ГОСТ 5289-68 Melodiya(レニングラード、黄)
33Д10165/3-4 / 33Д10166/2-3

ギーゼキングのベートーヴェン!。シューマンよりリリース期間が長いので結構売れていたようです。そうえいば入手してから針通してない(^^; これ書いてて思い出しました。

ガスト61・リガ盤を€7で入手。


33Д010851 / 33Д010852 / 33Д010853 / 33Д010854 (1961)

Beethoven – Symphony No.9 in D Minor, Op.125 “Choral”, Brahms – Variations on a Theme by Haydn, Op.56(*)

Wilhelm Furtwangler
Tilla Briem
Elisabeth Hongen
Peter Anders
Rudolf Watzke
Bruno Kittelscher Chor
Berlin Philharmonic Orchestra
22-24 March, 1942 / 12-15 December, 1943(*)

ГОСТ 5289-56 VSG 33Д010851/2-1 / 33Д010852/2-1 / 33Д010853/2-3 / 33Д010854/2-1
ГОСТ 5289-56 聖火(アプレレフカ、水色) 33Д010851/2-1 / 33Д010852/2-1 / 33Д010853/2-3 / 33Д010854/2-1
ГОСТ 5289-56 Аккорд(レニングラード) 33Д010851/2-1 / 33Д010852/2-1 / 33Д010853/2-3 / 33Д010854/2-1
ГОСТ 5289-61 Аккорд(レニングラード) 33Д010851/2-1 / 33Д010852/2-1 / 33Д010853/2-3 / 33Д010854/2-2
ГОСТ 5289-61 Melojiya(リガ、青紫黒) 33Д010851/2-1 / 33Д010852/2-1 / 33Д010853/2-3 / 33Д010854/2-2
ГОСТ 5289-61 Melojiya(リガ、黄赤黒) 33Д010851/2-1 / 33Д010852/2-1 / 33Д010853/2-3 / 33Д010854/2-2
ГОСТ 5289-61 Melodiya(レニングラード、黄) 33Д010851/2-1 / 33Д010852/ 1-3/ 33Д010853/ 1-4/ 33Д010854/2-2
ГОСТ 5289-73 Melodiya(アプレレフカ、ピンク) 33Д010851/2- 2/ 33Д010852/1-3 / 33Д010853/1-4 / 33Д010854/2- 3

ベートーヴェンの4番とともにスタンパーがコロコロ変わりややこしい盤。手持ち以外の情報は正確ではないかもしれません。人気があるので値段も高いです。

ガスト56・Аккорд盤を€299で入手。結構傷がありました。高い盤だと泣けちゃいますね。ジャケットもなかったので、代わりに共通ジャケ載せときます。


ガスト61のフルトヴェングラー・フランクは戦中録音とレーベルに書いてあるのになぜかDECCAを使ったり、68以降は外貨獲得のため?フルトヴェングラーばかりがリリースされ始めます。
フルトヴェングラー以外の録音も結構あるみたいですが、意外に盲点でよく知らなかったです。また情報が溜まったら追記予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です