2018年6~7月にYoutubeに投稿した動画

投稿日 : 2018年7月31日

F.Kreisler & L.Blech – Beethoven – Violin Concerto in D Major, Op.61
Fritz Kreisler (Vl)
Leo Blech (Cond)
Berlin State Opera Orchestr
rec : 14-16 Dec, 1926
75.0 ~ 77.0 rpm
HMV(ENG)
DB 990 [ CWR 631 1A, CWR 632 2 ]
DB 991 [ CWR 633 1A, CWR 634 4A ]
DB 992 [ CWR 635 2, CWR 636 3A ]
DB 993 [ CWR 637 2A, CWR 638 2 ]
DB 994 [ CWR 639 3A, CWR 640 2 ]
DB 995 [ CWR 641 2A ]

クライスラーとブレッヒのベートーヴェン・ヴァイオリン協奏曲。
こちらについては個別にページを作成しました。

クライスラー/ブレッヒのベートーヴェン協奏曲のピッチ調整と復刻


投稿日 : 2018年7月24日

Elisabeth Schumann – Schubert “Auf dem Wasser zu singen” D774
Elisabeth Schumann (s)
Gerald Moore (pf)
rec : 7 Sep, 1936
HMV(ENG) [ DA 1521  OEA 3761 I □ ]
エリザベート・シューマンの「水の上で歌う」は中学生の頃衝撃を受けてから今日までに何度聞いたかわからない(1000回超えるかも)思い入れのあるレコードです。
1936年はシューマンの声が陰影を帯びている時期で、ただ可憐なだけでない情緒的な深さもあるので、曲と歌手の特性が見事に一致した奇跡みたいな録音です(^^
SP盤だと直接問いかけてくれるようで嬉しさ倍増です。
前のオーナーがやってくれたんでしょうか、残念ながら盤に洗浄液が染み込んでおり(洗うと泡立ちました)、少しノイズが出ます。
Wilhelm Furtwangler – Berlioz “Damnation de Faust” Marche Hongroise BPO
Wilhelm Furtwangler
Berlin Philharmonic Orchestra
rec : 1930
POLYDOR(FR) [ 95.411A 1101½ Bi ]

フルトヴェングラーのベルリオーズ。この曲はフルトヴェングラーとメンゲルベルクの演奏が気に入ってます。1930年代のベルリン・フィルは味が濃いですね~!
少し前にフルトヴェングラーのフランスポリドール盤がまとめて手に入りました。23曲くらいある中の7曲分手元にあります。
1930年代のポリドール録音は全部聞きたいなぁ。

Josef Wolfstahal – Handel “Largo”
Josef Wolfstahal (Vl)
Ilonka von Pathy (Pf)
Carl Stabernack (Org)
rec : 1922
79.3rpm(+0.4%~0%)
HOMOCORD [ B.8082 M50639 ]
Josef Wolfstahal – Bach/Gounod “Meditation”
Josef Wolfstahal (Vl)
Ilonka von Pathy (Pf)
rec : 1922
79.3rpm(+0.4%~0%)
HOMOCORD [ B.8082 M50641 ]

ヴォルフシュタールのHomocord録音。
両面ともに後半に比べ前半のピッチが0.4%低いので均等になるよう調整しています。
この辺のピッチ補正は別ページつくって紹介します。


投稿日 : 2018/06/19

プリメロディアでフルトヴェングラーのマグネトフォン録音をまとめてあげました。
シューベルトだけガスト68ですが、マトリスク番号が1-1/1-1なので初期プレスとだいたい同じ音だと思います。解説はまた別の機会にでも。

Wilhelm Furtwangler – Beethoven Symphony No.4 Op.60 BPO 1943
Wilhelm Furtwangler
Berliner Philharmonic Orchestra
rec : 27-30 June, 1943
Аккорд [ ГОСТ 5289-56 Д-09083 / Д-9084 ]
W.Furtwangler & E.Fischer – Brahms Piano Concerto No.2 Op.83 BPO 1943
Wilhelm Furtwangler
Berliner Philharmonic Orchestra
rec : 8-9 Nov, 1943
Аккорд [ ГОСТ 5289-56 Д-09883 / Д-09884 ]
Wilhelm Furtwangler – Brahms Symphony No.4 Op.98 BPO 1943
Wilhelm Furtwangler
Berliner Philharmonic Orchestra
12-15 Dec, 1943
Аккорд [ ГОСТ 5289-56 Д-09867 / Д-09868 ]
Wilhelm Furtwangler – Schubert Symphony No.9 D.944 BPO 1942
Wilhelm Furtwangler
Berliner Philharmonic Orchestra
rec : 6-8 Dec, 1942
Melodiya [ ГОСТ 5289-68 33Д-010033 / 33Д-010034 ]
Wilhelm Furtwangler – Brahms Haydn Variations Op.58 BPO 1943
Wilhelm Furtwangler
Berliner Philharmonic Orchestra
rec : 12-15 Dec, 1943
Аккорд [ ГОСТ 5289-56 33Д-010854 ]


投稿日 : 2018年6月1日

Rosa Tamarkina Recital
Chopin – Fantasia In F Minor, Op. 49
Schumann – Three Fantastic Pieces, Op.111
Schubert – Impromptu In E Flat Major, Op. 90, No.2
Schubert – Impromptu In G Major, Op. 90, No.3
Liszt – Sonetto Del Petrarca No.104
Chopin – Scherzo No. 3 In C Sharp Minor, Op.39
rec : 1946-1948
Апрелевский Завод [ ГОСТ 5289-56 Д – 02733 / Д – 02734 ]

化粧っけのない自然な美しさ。音色にエネルギーと濃い色が感じられました。
33ロゴのアプレレフカ・プレスでノイズ多いですが、編集で結構減らしています。
ロシア系ピアニストのシューベルトはなぜこんなに泣けるのか。ヴェデルニコフのCDでも同じ感動を味わいました。ロシア民謡をベースにした歌心に弱いのかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です