SP盤用カートリッジの比較

ハイレゾ音源のディザ処理


ハイレゾの音源をCDにする際、一番ネックになるのが16bitへのダウンコンバートで
この時、ディザ処理が大変重要になってきます。
理由は、ディザ無しで変換すると音が変わったり、ノイズが発生することがあるからです。
ディザについてはWikipediaに詳しい記事があるのでリンクを張ります。
ディザ - Wikipedia

私の使用しているMagix社のSequoiaというソフトでは、数種類のディザ処理を選択できるので
試しにハイレゾで収録した音源から16bit/44.1kHzへ変換したファイルを公開したいと思います。
(32bit float/96kHzのファイルはfoobar2000などで再生してください)

32bit float/96kHzから16bit/44.1kHzへ(使用ソースはLPの録音)

32bit float 96kHzのマスター DL (21MB)
file名:32bit(float)_96kHz.wav
No_Dithering DL (4MB)
file名:16bit_44.1kHz_No_Dithering.wav
Dithering1 DL (4MB)
file名:16bit_44.1kHz_Dithering1.wav
Dithering2 DL (4MB)
file名:16bit_44.1kHz_Dithering2.wav
Power-r #1 DL (4MB)
file名:16bit_44.1kHz_Power_R_1.wav
Power-r #2 DL (4MB)
file名:16bit_44.1kHz_Power_R_2.wav
Power-r #3 DL (4MB)
file名:16bit_44.1kHz_Power_R_3.wav


各処理モードの詳しい説明はこちら

・ No Dithering, Mathematical Rounding of Sample Value
このモードではディザリングは行わずに、誤差の丸め処理によって16bitへの変換を行います。
・ Dithering with Linear Spread Noise
一定の強さを保ちつつ、リニアのノイズを付加しながら16bitに変換します。
・ Dithering with Traianglar Spread Noise
ノイズ強度が三角形の分布を持つディザリングモードです。
ノイズ形状の中央部ほど高い値が適用され、
最小部と最大部ではより小さな値が適用されることを意味します。
・ POW-r #1
量子化ノイズを最小にする特殊なディザリングカーブを使用します。
・ POW-r #2
幅の広い周波数帯域に対してノイズシェイピング処理を行い、
ダイナミックレンジを5-10dB拡大します。
・ POW-r #3
人間の耳が最も敏感な2-4kHzの帯域に最適化されたノイズシェイピング処理を行い、
この帯域に関してダイナミックレンジを20dB拡大します。


ディザありと無しとでは、はっきり音に差が出る結果になりました。
音の質感の変化や、ノイズまで発生しています。
(これは常にディザが必要ということではなく、ダウンコンバートする際の問題です。
同じbitレートでの変換であればディザは必要ないです)

私自身は、各サウンドキャラクターの違いで良し悪しをつけるより
マスターに近い処理のものを優先すべきだと考えています。
さて、皆さんがマスターに一番近く感じたディザ処理はどの音源でしょうか。