Wilhelm Furtwängler – プリメロディア盤の運命

プリメロディア(Аккорд)  ГОСТ 5289-56の、フルトヴェングラー/BPOの運命で状態の良いレコードが手に入ったので、公開します。

チェリビダッケは、フルトヴェングラーの音は七色だった、といったような表現をしていました。
おそらく再生機材にマグネットフォンを用いていた時期のレコードであるので、車の改造マフラーのようにノイジーな爆音ではなく、オーケストラ本来の色鮮やかな表現が刻まれていました。

マグネトフォンのテープは、テープの経年劣化に加え、機材の録音・再生バイアスのマッチングがあるため、年数がたつにつれ色彩感を保った再生をすることが難しいようです。
時代のスナップショットとして、レコードは今主流のメディアよりずっと先まで、音を伝えているのでしょうね。

マイクセッティングはオフ気味で、第一楽章にテープ由来のワウフラッターがありましたが、ホールトーンをきれい収録した録音です。

Artists Wilhelm Furtwängler (Conductor)
Berliner Philharmoniker
Comporser Ludwig van Beethoven
Title Symphony No.5, Op.67
Label Аккорд  Д-05800 / Д-05801
Recording 30 june, 1943

復刻環境

AD/DA RME ADI-2 Pro
Player CosmoTechno DJ-4500(改造)
Cartridge Denon DL-102
MicPreAmp BEHRINGER MIC2200 Ultragain Pro(改造)
DAW Magix Samplitude Pro X3
Recording Format PCM 32bit float / 384kHz

イコライザーカーブはプリメロディア用のものを流用、あとはEQで微調整しています。私としては珍しいことですが、ノイズが少ない盤なのでノイズリダクションを省きました。

使用プラグイン

  • FFT-analyzer
  • TDAe EQ2032

32bit float / 384kHzによる収録とマスタリング

高音質のフォーマットをご希望であれば、メールにてお問い合わせください。USBメモリでお渡しします。(有料になります)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です